台湾の九份は、「千と千尋の神隠し」の舞台になった小さな街ですが、この建物の外観に憧れますが、もうひとつまだまだ秘密が有ったのです。

IMG_1932

当館も擬似和風のデザインですが、この外観は少し派手では有りますが、いい感じですね。千と千尋の神隠しの湯屋のデザインがここから生まれました。
この街は、路地と狭い階段でつながっていて、その中に小さい色々なお店があって楽しいですね。お茶を飲んだり、お土産を買ったり。ここで書いてもらった花字絵は今でも大切に飾ってあります。

IMG_1940

その建物の右上に有る洋館風の建物が、なななんと「ハウルの動く城」のモチーフに成った建物らしいと、先日娘が台湾研修に行って来て知りました。
私も数年前に九份に行った時は、この二つ目の建物は気づきませんでした。宮崎駿はここで色々と構想を練っていたんでしょうか?驚きですね。

 |