芦田愛菜ちゃんも座ったベンチですね。この「地球を育てるベンチ」は100年経ったケヤキの木の根っこなんです。

IMG_2972

この「地球を育てるベンチ」は、東京広尾に100年経ったケヤキの木が有りましたが、マンション開発で切らなくてはいけなくなり、その木が可哀想だと「一本の樹のプロジェクト」が立ち上がり、多くの彫刻家、デザイナー、家具屋、クラフトと言った関係者が、切り倒した木を持ち帰り、色々な気持ちのこもった品々に生き返えらせました。

この「地球を育てるベンチ」は、飛騨高山のオークビレッジの稲本代表が造り、展覧会で稲本さんとお客様がそこに座り一緒に記念撮影する光景を見た瞬間心奪われ、どうしてもと当館が譲り受けたいと申し入れ、そのベンチを置くスペースが無かったためロビーを改装することに成った、当館の宝物です。

なぜ?「地球を育てるベンチ」なのかは見て頂ければお解かりになると思います。

ぜひお帰りには記念撮影をして下さい。きっと何か良い事が起こると思います。

 |