源泉

懐かしの自然湯 一柳閣の温泉について

一柳閣のお風呂はすべて、敷地内源泉を使用。
加熱なし・濾過循環なしの自然湯〜天然温泉かけ流しです。
ただし、源泉の温度が高いので、湯舟の温泉の入れ替え時には、温度調節のために真水を加えています。
割合は温泉90%:真水10%となっており、温泉が湯舟にたまった後は、湯口から温泉のみを少しずつ注入して、温度を一定に保っています。

源泉

●源泉名:熱川温泉「太田湯」奈良本3号
●湧出地:賀茂郡東伊豆町奈良本987-1
●泉 質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
    (低張性・弱アルカリ性・高温泉)
●泉 温:100度(調査時の気温32.0℃)
●湧出量:363.6 ℓ/分(掘削自噴)
●知覚的特徴:殆ど無色、透明、微塩味、無臭、ガス発生なし
●水素イオン濃度:ph 8.1
●適応症(効能)
 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩 ・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ ・くじき・慢性消化器病・痔症・冷え性 ・
 病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病 ・動脈硬化症など 

目指せ!温泉博士!
温泉自慢の一柳閣だからこそ、温泉のことを日々勉強中です

【伊豆のかかりつけ湯】

【伊豆のかかりつけ湯】

一柳閣は、おかげさまで、伊豆のかかりつけ湯として認定されています。
かかりつけ湯は、静岡県の外郭団体、ファルマバレーセンターが選んだ、健康増進や癒しのための伊豆の温泉宿泊モデル施設のことです。
温泉の成分表示をきちんと行い、温泉を利用した健康増進プログラムやお食事を提供するなど、お湯へのこだわりとおもてなしを提供する宿だけが選ばれています。
かかりつけ湯のホームページはこちら
http://www.kakaritsukeyu.jp/

【温泉入浴指導員】のいる宿

【温泉入浴指導員】のいる宿

温泉入浴指導員とは、厚生労働省の規定資格で、温泉利用プログラムを安全かつ適切に指導したり、身体測定、生活指導及び応急手当ができると判断される資格です。
温泉の一般的な正しい使い方の指導、安全管理や応急処置、生活アドバイスを行います。
救命技能認定として、救急法と心肺蘇生法、自動対外式除細動器(AED)による心臓除細動処置についての実習も行っております。
当館では、代表取締役・石島専吉が認定証を取得しました。

【温泉マイスター】のいる宿

【温泉マイスター】のいる宿

「温泉マイスター養成講座」は、静岡県の貴重な資源である温泉を、健康づくりや健康なまちづくりに活用しようという考えのもとに生まれました。
健康づくりや温泉に関心がある方に、温泉の効能や効果的な入浴方法、また健康の基礎知識、さらに、地域の文化をもてなしの心でつたえることができる知識や技能を身につけていただこうと、静岡県が開催しているものです。
当館では、代表取締役・石島専吉が入門コースと専門コースの2講座を修了しております。