当館ではクーラーボックスのお持ち込みをお断りしております。

暑い夏が(やっと)やってきました。

海水浴をお楽しみ頂くお客様も多く、
安全には気を付けて思う存分にお楽しみ頂きたいと思っております。

さて突然ですが。

当館では飲食物のお持ち込みをお断りしております。
あわせて、クーラーボックスの持ち込みもご遠慮頂いております。

今までお客様には気兼ねなくお泊り頂き、ゆっくりして頂きたいと思っておりますので、
飲み残しなども含め、多少のお持ち込みについては多くは申し上げませんでした。
しかしながら、昨今ではお客様との考えに温度差もあり、
クーラーボックスを使った度の過ぎるお持ち込みが多く、
これはやはり申し上げないといけないと思ってブログに書きました。

そもそも、なぜお持ち込みをお断りをするのか?

一つ目に旅館は「宿泊のできる飲食業」という事です。
例えば、レストランへのお持ち込みをされますでしょうか?
大部分の旅館は保健所にも”宿泊型飲食業”としての登録をしております。
実際、保健所も旅館への飲食物の持ち込みを断わっているはずです。

では、ホテルはどうして大丈夫なのか?
ホテルは宿泊と飲食は営業形態として分離されてる事がほとんどです。
とはいえ、ホテルのレストランで持ち込みをされますでしょうか?

旅館は万が一食中毒が起こった場合は全館営業ができません。
これは本当に死活問題になります。

当館でも食中毒への留意はかなり行っておりますが…、
ただでさえ気温や湿度の高い季節、できる限り他の不安材料は取り除きたいと思っております。
海水浴の時の食べかけを夜に食べるとか、本当に危険ですよ?

二つ目の理由として畳への損害でございます。
当館はほとんどの客室が畳敷きです。
重いクーラーボックスを引きずるなんてもってのほかです。

この繁忙期、傷ついた畳をそのままにしておくわけにもいきませんし、
かといってすぐに修復できるわけでもありません。当然、費用だってかかります。

最近増えたキャリーケースもそうですが…次に使うお客様のためにもどうかご配慮を頂ければ幸いでございます。

釣りをされるお客様でクーラーボックスをお持ちの方はフロントでもお預かりしております。
お声かけくださいませ。

【世界遺産】韮山反射炉に行ってきました。江川英龍さんって…あんまりクローズアップされてないですけど、実は凄い人なんですよ!

世界遺産の韮山反射炉に行ってきました。
反射炉も当時としてはすごいんですが…。
もっとすごいのは作った江川英龍さん。

・大砲量産のための反射炉を作る。
・江戸三剣客の一人になるほどの剣の腕前。
・蘭学も得意。
・自宅には酒蔵があり「江川酒」は地酒の元祖。
・パンを焼いて食べる事を薦め、パン祖と言われる。
・「気を付け」「回れ右」などの号令の発案者。
・福沢諭吉が”英雄”として崇めてる。

と完璧で、尚且つ現在でも影響が大きく残る人なんですけどね…。
意外と、歴史の教科書にもあまり出てこないのが残念な限りです。

今話題の沼津深海水族館に行ってきました。ダイオウグソクムシにも会えました♪

深海魚ブーム(?)に乗って、沼津にある深海水族館に行ってきました。
IMG_1421

◆沼津深海水族館◆
http://www.numazu-deepsea.com/
入園料は大人1600円
※入園券の半券で沼津港の飲食店(一部)は10%オフになるそうです。
※専用駐車場はありませんが、沼津港には駐車場が有料・無料を含めたくさんあります。

IMG_1434
場所は沼津港の仲見世の奥にあります。

IMG_1423

IMG_1424
これはオオグソクムシというそうです。

IMG_1426

IMG_1425

IMG_1428

IMG_1424

IMG_1430
シーラカンス捕獲までの映像とかなかなか興味深い資料もたくさんありました。
もはや、魚ではないですね^^;

IMG_1431
これがお目当てのダイオウグソクムシ。

御宿泊のお客様より台湾留学生のためにお土産を頂きました。初めての事で留学生もビックリしておりました。本当にありがとうございました。

先日、台湾留学生を紹介した所、
御宿泊のお客様よりわざわざ三人にお土産のブレスレットを頂きました。

「頑張ってね!励みになるといいですね♪」との温かいお言葉。

まだまだ日本語も作法も勉強中ではございますが、
こうしてブログを見て、それを温かく見守って頂けるお客様がいらっしゃる事に社長含めスタッフ一同感激をしておりました。

またお越しの際にはより一層成長した姿をご覧頂ける様、
留学生含め一柳閣従業員一同が一丸となって努力してまいりたいと思います。

この度は本当にありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。

IMG_1378

当館では台湾から大学生3名がインターンシップ生として日本の文化、言語、風習を学ぶために留学をしております。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_1373

昨年の夏から留学してて日本が大好きで日本語のとても上手。しかも演歌も歌う湯さん。
今年の2月から留学してる背が小さくカワイイと人気の江さん。
いつもニコニコ笑顔で運動大好きで頑張り屋の林さん。

あと、現在台湾に帰国中ですが、日本の歴史が大好きな呉君も忘れちゃいけないですね。

皆、台湾の大学で観光学科で日本語を専攻してる大学生で、
1年から半年の間日本に留学をいたします。

いずれ日本でお仕事をしたり、
台湾で観光のお仕事をすると思います。
この留学で勉強も当然なのですが、良い思い出と経験を積んでくれればと思ってます。

しかし…。
臭豆腐は大丈夫なのに、全員納豆は苦手とは…。
なんででしょう?

台湾から来てる留学生から頂きました「鳳梨酥」というお菓子。

IMG_1184

台湾ではとてもポピュラーな焼き菓子だそうです。
食感的には柔らかめのクッキーって感じですか。

日本に来て1ヶ月。
いろいろと戸惑う事がありながらも、
一生懸命頑張ってます!

約半年間、留学しつついろいろ学んで欲しいなぁっと思ってます。
もちろん、僕らも台湾についていろいろ教わる事も多く、
いつか社員旅行に台湾に行きたいねー!と言ってます♪

懐かしき“熱川囃子”をお聞きください♪

f9b58be9

【熱川囃子】
作詩者:島田馨也 作曲者:鈴木哲也

一、伊豆の熱川 浮世の外に
  熱い情けの お湯が湧く
  湯の香湯煙り 岩間の花も
  赤い袂を 靡かせて
    サテヨホホイノホイ
   伊豆の熱川お湯が湧くアラソウズラヨ

二、鳴くな鵜の鳥 天城は小焼
  暮れりや 磯打つ波の音
  恋の御神火 燃え立つ頃は
  何故か燃えます 胸の火も
    サテヨホホイノホイ
   伊豆の熱川お湯が湧くアラソウズラヨ

三、飛んで行きたや 翼が欲しい
  三宅八丈は 風だより
  夢の大島 別れの雨に
  ぬれて下田の 通ひ船
    サテヨホホイノホイ
   伊豆の熱川お湯が湧くアラソウズラヨ

四、吹けよ汐風 南の風に
  蜜柑色づきや 紅襷
  えくぼちらりと 姉さん冠り
  手籠抱えた 村娘
    サテヨホホイノホイ
   伊豆の熱川お湯が湧くアラソウズラヨ

五、伊豆の熱川 いでゆの里を
  きつと忘れず 又来てね
  露を含んだあの娘の 眼にも
  名残り惜しさが 先に立つ
    サテヨホホイノホイ
   伊豆の熱川お湯が湧くアラソウズラヨ

夏もち~かづく、八十八夜~~♪ って事で、今日は八十八夜です!GWも本番を迎え、道路も渋滞しております!

IMG_1091

八十八夜と言うことで、お茶を頂きました♪
この日に摘んだ茶は上等なものとされ、
この日にお茶を飲むと長生きするともいわれております♪

お茶にするにはここからが大変ですけどね^^;
とりあえず、刻んでかき揚げにしたいと思います♪

1,夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
「あれに見えるは茶摘みぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠」
2,日和(ひより)つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌ふ
「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ」

1 / 212